でも・・・

あんまり詳しくないし・・・

初めてのお店ってキンチョーする

高いワインが出てくる?

どうやって注文しよう

メニュー選び

少しヒントを教えてください

ジーノではワインリストのご用意はございません。

基本的に準備している料理に合わせてイタリアワインを幅広く取り揃えておりますのでご紹介したいワインが沢山あります。
初めてイタリアワインをご注文される方は勿論、お料理からワインを選ばれる方、赤ワインや白ワインなどの好みから選ばれる方、普段はフランス産のワインを好んで飲まれている方…etc
ちょっとしたヒントを頂けるとご要望に近いイタリアワインをご予算に合わせてご紹介致します。
また、ご注文頂いたワインに合うお料理のご相談もお気軽にお声かけ下さい。
お勧めしたいメニューが沢山ございますので。

お気に入りのワイン

電球

白の場合は

こちら

赤3本御用意しました。

接客イメージ画像

「魔法にかける」という意味のイタリア中部のワイン。カカオのような香りがグラス一杯に広がる、開けてすぐでも楽しめるワインです。

イタリアの小さな休火山の島で作られたワインです。熟した果実と酸味、香ばしさも感じられます。豚肉グリルにぜひ。

南イタリアで作られる「アリアニコ」という葡萄のワイン。後口にしっかりと渋みがありますが程よく、お二人でゆっくり飲めるワインです。

ご用意しました。

接客イメージ画像

甘い紅茶のような香り。味わいはそこまで甘くはなく、ブルーチーズや柔らかいフリットにも。丸い大きなグラスでお召し上がりいただきます。

当店でも何種類か用意があります、イタリアで作られるシャルドネ種のワインです。口に含んで塩気を感じる、お料理を連想させるワインです。

まず感じる24ヶ月熟成の樽のバニラの香り。繊細な、味わいで余韻長いです。同郷のシチリア料理、カジキマグロのパレルモ風、生ウニパスタなどに。

じゃあ、この“魔法”のやつにします!

あっ、このワイン

ワインシーンイメージ

はじめに香る、独特の樽香が仔羊の旨味と相まってトマトとパプリカの甘み・酸味と調和します。しばらくするとしっかりとしたカカオの香りに変化し、爽やかなトマトベースの味に芯を与えてくれます。
ワイン、パスタ、ワイン…と交互に頂いていく中で味わいも深まるのが愉しい組み合わせです。

\ワインとお料理が気になる方は/

\ジーノに行ってみたい!と思った方は/

こちら

こちら

つまり・・・

お客様に楽しく過ごして頂くために

「つい終電の時間を忘れそうになってしまう」
と仰るお客様がいらっしゃいます。
ジーノに来店頂くお客様には少しでもリラックスして楽しんで欲しいと思っているので嬉しいお言葉です。
笑顔のお客様が囲むテーブルでワインとお料理、そしてジーノの空気。
そんな空間にそっと花を添えられる存在であればと心がけて接客したいと思っております。
ご来店の際はそんなジーノに流れる空気も楽しんで頂けると幸いです。

店内シーン

・・・

「ワインとお料理のこと 真面目に考えています。」

ワインは人と同じで個性が有り、特にイタリアはワイン生産量も世界で1番、葡萄の品種も多様です。北と南でも地域によって土は勿論適した栽培方法も異なり、更に作り手の思いによって個性が育まれるのでワイン選びは楽しいですし「あれも、これも飲んで欲しい!」って思ってしまいます。
基本的にはシェフの作る料理に合わせて、旬の食材や調理法、その料理の作られるイタリア地方を考えてワインを選びます。

「こんなにイタリアのワインは美味しいんですね」
「今まではフランスのワインが好きだったのですが、イタリアワインも好きになった」
「初めて聞くぶどう品種のワインを飲みました」
「お料理とワインの組み合わせを考えるのは楽しいですね」
などのお言葉をいただくことがあります。
とても嬉しいです。

  • イメージ画像1
  • イメージ画像2
  • イメージ画像3

\真面目なワインを飲みたい方は/

\気になるジーノのお店のコトは/

こちら

こちら

Top